MBSR Foundations

MBSR FoundationsはMBSR指導者トレーニングレベル1の最初の正式なプログラムです。MBSR研究会では、ブラウン大学との契約の基、MBSR Foundationsを日本語で実施することに致しました。MBSR Foundationsでは、MBSRの根底にあるものを学びます。MBSRを教えるためのスキルはこのコース終了後の Teacher Advancement Intensitve (TAI)で学ぶことになっており、Foundations 終了後直ちにMBSR8週コースを実施することはできませんが、TAIについては2022年の後半からの実施を検討しています。MBSRはマサチューセッツ大学で開発されたプログラムですが、多くの講師陣がブラウン大学に異動したため、現在MBSRの研究と教育の主要な拠点はブラウン大学になっています。

プログラムの概要:

このプログラムでは8週間のMBSRコース(全9回)に参加しつつ、Foundationsのセミナー(全10回)に参加することになります。

 

瞑想、MBSRカリキュラム及びクラスのやり取りについての自らの体験を振り返りかつ探求することで、参加者はマインドフルネスの実践という自らの体験を探求しつつ、指導者の資質を涵養する歩みを進めることになります。その資質が、MBSRの本質の理解の基礎とカリキュラムに内在する活気(aliveness)と智慧(wisdom)の理解の基礎を形作ります。

 

振り返りと探求は、MBSR Foundationsセミナーの中のグループ検討や個々の課題としての、振り返りのジャーナリング、グループでの対話、様々な学びの活動により深められます。MBSRの体験的な特質は、MBSR Foundationsセミナーの認知的、批判的な見方、記述課題といった多方面のアプローチにおいても同様です。

 

またプログラムの終了を見据え、参加者はMBSRのカリキュラムに基づく短いイントロダクションプログラムを提供するためのガイダンスと支援を受けます。こうしたプログラムを実施することが、MBSRを教えるための正式なトレーニングの第2のステップである、MBSR Teacher Advancement Intensive (TAI)受講の要件となります。 セミナーの課題にかかる作業や準備、文献の通読などに毎週12-15時間程度の時間を要します。

 

日時(いずれもオンライン・日本語で、伊藤・山本の2人のブラウン大学公認ティチャー・トレナーが実施します):

  • MBSR8週コース:10月17日-12月12日の毎週日曜、全9回:以下のいずれかにご参加下さい。

   第1部:午後 12:30 ~ 3:00 (初日・最終日のみ4:00まで)

   第2部:午後 3:30 ~ 6:00 (初日・最終日のみ4:30~8:00まで)
    11月28日は終日(午前10:30~午後 5:00): 同時期に開催される東京マインドフルネスセンタ                  ー・麻布ウェルネスのFoundationsと合同開催の予定です。

  • MBSR Foundations: 10月13日-12月22日の毎週水曜、全10回

   第1部(約7人)及び2部(約7人)合同での開催です:午後7:30 ~ 11:00
   ただし、12月1日は休講です。

参加費:254,000円(税込み)(ブラウン大学との契約に基づき定められた参加費です):分割払いも可能です。申し込み用紙のその旨をご記入下さい。支払い方法は参加申込書を確認させて頂いた後でご案内いたします。

参加要件:

  • MBSR8週コースを少なくとも1回修了

  • 5日間以上のサイレントリトリートを少なくとも1回修了:本年は7月21日よりオンラインで実施しています。同様のリトリートを2022年4月29日-5月3日の間に開催する予定です。

  • 毎日の瞑想実践歴が2年以上(少なくとも1年)

  • 大学院の学位(あるいは、同等の資格に関する書類:日本語の抄訳はこちらをご覧ください)をFoundations に応募する際に記載。心理学、ソーシャルワーク、医学部、看護、教育などの学位が一般的ですが、企業、法律、財務で他の前提条件を満たす方の申し込みも歓迎いたします。
     

募集人数:14名(予定)

お申込み:こちらより8月31日までにお申込み下さい。ご参加の可否については遅くとも9月10日までにはお知らせいたします。ご応募が募集人数を上回ることが予想されるため、ご参加は8週コース終了順(MBSR研究会では2016年から開始)とさせていただきます。悪しからずご了承下さい。なお、来年も3回の開催を予定しています。