学会発表など

学会発表:

Yasushi Ito. The feasibility and effects of a mindfulness meditation based training in Japanese patients with chronic medical conditions - A pilot program -.  American College of Physicians, Japan Chapter Annual meeting.  June, 2015

​山本和美. 心身症患者へのマインドフルネスを取り入れたセルフケア教室の試み. 『次世代臨床治療に欠かせない”心理教育”再発予防”への実践的方法論』, 第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会, 2015年6月

 

伊藤靖、山本和美、神原憲治. 慢性疾患におけるマインドフルネス瞑想プログラムの実施可能性及び効果の検討  - パイロット試験‐. 日本心療内科学会年次集会.  2015年11月

笹森泉、伊藤靖.  職場でのマインフルネスプログラムの実施可能性及び有効性の探索的検討. 日本産業ストレス学会年次集会. 2016年11月 (メンタルヘルス対策好事例)

笹森泉, 伊藤靖. 企業内マインドフルネスプログラムの有効性の検討 ‐アドヒアランスおよび参加前の心理状態が結果に及ぼす影響—. 日本マインドフルネス学会大会. 2017.
 

中川栄太, 伊藤靖, 芦谷道子. 看護学生でのマインドフルネス介入非ランダム化比較試験. 日本マインドフルネス学会学術大会. 2017.
 

伊藤靖, 山本和美. マインドフルネスストレス低減法 (Mindfulness-Based Stress Reduction: MBSR)の効果の検討. 日本マインドフルネス学会学術大会. 2017. (臨床実践奨励賞)

伊藤靖, 山本和美. マインドフルネスストレス低減法 (Mindfulness-Based Stress Reduction: MBSR)の効果の検討. 日本マインドフルネス学会学術大会. 2018.

伊藤靖, 山本和美. マインドフルネスストレス低減法 (Mindfulness-Based Stress Reduction: MBSR)の長期追跡結果の検討. 日本マインドフルネス学会学術大会. 2018.

笹森泉, 伊藤靖. 企業内マインドフルネスプログラムの有効性の検討 ‐アドヒアランスおよび実施様式が効果に及ぼす影響 — 日本マインドフルネス学会学術大会. 2018.

芦谷 道子, 伊藤 靖, 山本 和美, 中川 栄太.  英国で開発された子ども用マインドフルネス・プログラム(.b:ドットビー)の日本への導入の検討. 日本マインドフルネス学会学術大会. 2019.

伊藤靖, 山本和美. マインドフルネスストレス低減法(MBSR)参加前及び参加後の気分プロフィールを日本人の成人平均値と比較する  -参加前マインドフルネス実践の有無別の解析-. 日本マインドフルネス学会学術大会. 2019.

伊藤靖, 山本和美. マインドフルネスストレス低減法(MBSR)の効果(第1報)ーストレス低減効果を瞑想歴の有無別に評価するー.  第2回日本心身医学関連学会 合同集会. 2019

伊藤靖, 山本和美. マインドフルネスストレス低減法(MBSR)の効果(第2報)ー自覚症状低減効果を瞑想歴の有無別に評価するー.  第2回日本心身医学関連学会 合同集会. 2019

 

伊藤靖, 山本和美.  マインドフルネスストレス低減法(MBSR)の効果(第3報)ー健康関連QOLに対する効果を瞑想歴の有無別に評価するー.  第2回日本心身医学関連学会 合同集会. 2019

論文等:

​山本和美・他.   心身症患者へのマインドフルネスを取り入れたセルフケア教室の試み. 心身医学 56 :1197-1203, 2016

伊藤 靖.マインドフルネス・ストレス低減法 (MBSR) -プログラムを概説する –.精神科治療学. 32 (5): 591-598, 2017

 

山本和美.内科疾患(主に心身症と生活習慣病)とマインドフルネス.精神科治療学.32 (5): 625-627, 2017

山本和美.マインドフルネスと内受容感覚. 身の医療  第3号:18-24(2017年).http://ratik.org/7800/mi2017/

伊藤 靖、山本和美.マインドフルネスストレス低減法(Mindfulness-Based Stress Reduction: MBSR)のあアプローチ.身の医療 第3号:45-46(2017年).http://ratik.org/7800/mi2017/

伊藤靖、山本和美、神原憲治.Mindfulness-Based Stress Reduction (MBSR)で用いられるマインドフルネス瞑想法の本邦における実施可能性及び効果:慢性疾患を有する症例を主体としたパイロットプログラムのレトロスペクティブな検討.心身医学 57 :1133-1142, 2017.   https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/57/11/57_1133/_pdf

芦谷道子・伊藤靖・村田吉美・中川栄太. マインドフルネス・プログラムによる小学生に対する心理教育アプローチ. 滋賀大学教育学部紀要 67:109-122, 2018. 

山本和美. マインドフルネスストレス低減法.マインドフルネスを医学的にゼロから解説する本.日本医事新報社:76-84. 2018. 

伊藤 靖. マインドフルネス的介入の学び方.マインドフルネスを医学的にゼロから解説する本.日本医事新報社:202-8208 2018. 

学会講演・シンポジスト・その他

山本和美. マインドフルネスストレス低減法.第21回日本心療内科学会総会・学術大会.2016.


伊藤 靖. .b (ドットビー)プログラム -子供達のためのマインドフルネス- 滋賀県教育フォーラム. 2016

 

山本和美. マインドフルネスを取り入れたアプローチ-心身への気づきの観点からー. 身心医療から〈身〉の医療へ(自主シンポジウム).第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会.2017.


山本和美. 慢性疼痛とマインドフルネスストレス低減法(招待シンポジウム).第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会.2017.


山本和美. マインドフルネスストレス低減法(招待シンポジウム).第40回自律訓練学会.2017.


山本和美. 線維筋痛症とマインドフルネスストレス低減法(招待シンポジウム).線維筋痛症学会第9回学術会議.2017. (記事掲載「臨床での普及目指すマインドフルネス法」Medical Tribune. 2017.12.21)


山本和美. マインドフルネスストレス低減法. 「東洋発祥の心理療法―その底流にあるもの」(招待シンポジウム).日本統合医療学会京滋支部・阪奈支部・阪奈支部ヨーガ部会合同総会. 2017.

山本和美. マインドフルネス -痛みとうまく付き合うための知恵-.Total Pain Managementのために“わたし”自身ができること.認定NPO法人いたみ医学情報センター.2017.


山本和美. がんとうまく付き合うためのマインドフルネス・アプローチ(招待シンポジウム).第31回日本サイコオンコロジー学会総会.2018.

 

山本和美. マインドフルネス・アプローチ~痛みとうまくつきあい、自分らしく生きる~.「痛みに負けない 身体と心の作り方」市民公開講座.厚生労働省「からだの痛み相談・支援事業」2018. 

© 2016 by MBSR Study Group. Created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus