top of page

NEWS

マインドフルネスに基づくプログラムの科学(お知らせ)

更新日:2023年12月23日



私たちは、マインドフルネスに基づくプログラム(Mindfulness Based Program)の基礎は、定期的なプラクティスと科学的なエビデンスの学習により作られると考えています。前者を深めるために、毎年ブラウン大学の講師であるBob Stahl PhDのリトリートを実施して来ました。今回後者の学びを深めるためにMBSR研究会は、JMC(Japan Mindfulness Collaborative)として、”マインドフルネスに基づくプログラムの科学”を実施することにいたしました。


講師は、ブラウン大学マインドフルネスセンターの所長であるEric Loucks PhDです。2023年9月9日(土)より8週間(午後8時から10時)の日程で開催(通訳付き)します。どなたでもご参加いただけます。多くの方のご参加をお待ちしています。エリックさんによるプログラムの紹介はこちらをご覧ください。


各回のテーマ:

セミナー1:科学的なアプローチの基礎

セミナー2:ストレスに対する効果・不安に対する効果

セミナー3:うつに対する効果・疼痛に対する効果

セミナー4:血圧に対する効果・効果に影響を与える要因

セミナー5:有害事象

セミナー6:作用機序に関する理論とエビデンス

セミナー7:特定の疾患・対象へのアダプテーション(適合)

セミナー8:まとめ・継続的な学び


プログラムの内容

1.前もってテーマに関する字幕付きビデオ(日本語スライド+Ericさんによる英語の解説)の送付

2.土曜午後8時-9時:字幕付きビデオ(約30分)の上映と日本語での検討

3.土曜午後9時-10時:Eric さんとの質疑応答(日本語逐語訳)

ビデオは11月末日までオンデマンドで聴取可能です。


実施形態:Zoom会議での実施です。


修了証:参加された方に終了後送付いたします。


参加費:一般50,000円(消費税込み)、JMC(MBSR研究会・東京マインドフルネスセンター)主催のMBSR8週コースに参加された方は40,000円、学生・経済的に困難な方30.000円。分割払いも可能です。


定員:先着100名様(予定)


申込期間:2023年7月末日(定員になった場合には締め切らせていただきます)

申込は締め切らせてきただきました。悪しからずご了承下さい。


申込方法:こちらよりお申込み下さい。





最新記事

すべて表示

2024年度Teach .b コース: 募集を開始しました

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また.bに参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。 日時:2024年8月10日(土)・11日(日)及び8月17日(土)・18日(日) (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議) 参加

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)の22人の講師が新たに誕生しました

MBSR研究会が属す、Global Mindfulness Collaborative(GMC)の講師養成プログラムは、原則2年以上のマインドフルネスの定期的な実践後に、10週間のMBSR Essentialsプログラムへの参加と、2か月のIntensive Practice Teaching(IPT)への参加を必要とします。またこの間に、8週プログラムに少なくとも2回、5日以上のリトリートに2回

MBSR8週コース2024年初夏のプログラム:6月2日~7月28日に開催

MBSR (マインドフルネスストレス低減法)オンライン8週間コース 本プログラムは満席となり締め切らせていただきました。秋のプログラム(10月13日-12月8日)への参加をご検討下さい。 プログラムの特徴: ブラウン大学認定指導者トレーナー2人のプログラムです (日本人で3人のトレーナーがいます) MBSRは指導者により内容がかなり異なります。                           

Comments


bottom of page