top of page

NEWS

2022年度Teach .b コース: 募集を開始しました

Teach .bの詳細はこちらをご覧ください。


日時:2022年9月18日(日)・19日(月:祝日)及び9月24日(土)・25日(日)

  (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議)

参加要件:

· 8週間のMBSR・MBCT受講後少なくとも2~3ヶ月経過している方。また1回20分程度の

 プラクティスを週5日間は継続している方。

· マインドフルネスを自身で実践し、子どもたちに教える意欲を持つ方(中学・高校の

教 育関係者、スクールカウンセラー・臨床心理士・公認心理師の方を優先します)

· 上記のコースに全日参加できる方。

· その他詳細は, Mindfulness In Schools Project ホームページ をご覧下さい。

募集人数及び費用:

· 40名様程度

· 10万円(消費税込み)

募集期間:

2022年5月20日(金)―6月24日(金)

ご参加頂けるかどうかについては、7月初旬までにはご連絡いたします。

教育関係者の方を優先させて頂きますのでご了承願います。

講師:

· 伊藤靖・山本和美(MBSR研究会)・芦谷道子(滋賀大)

· MiSP(Mindfulness in Schools Project)講師も毎日1時間程度参加予定です

 (通訳あり)

プログラム内容:

· .bプログラム(10回分)の講師による模擬授業を体験 

· 小グループで実習のファシリテーションロールプレイ

修了後提供される教材:

· 指導者用テキスト日本語版(各レッスン30~40頁:MBSR卒業生20余名の協力を得て翻訳作成)

· ビデオ(日本語字幕つき1本数分、7本)

· 日本語版パワーポイントスライド(各レッスン15 ~ 25枚)

· 自習用ビデオ(日本語での吹替え:各レッスン10分程度)

  

参加申込み書:

こちらからお申込み下さい。

.bは学校・クラブなどで実施することを前提に作られたプログラムであり、一般公開のコースとして実施することはできません。Teach .bに参加頂く前には、こうした内容などが記載され利用条件(日本語参考訳はこちら)に同意頂くことが必要です。申込書を記入する前にご一読下さい。


最新記事

すべて表示

「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」オンデマンドプログラムのお知らせ

ジャパン・マインドフルネス・コラボラティブ(JMC)*は、ブラウン大学マインドフルネスセンター長のEric Loucks PhDを招き、2023年9月から11月にかけて、全8回の「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」のオンラインコースを開催いたしました。 このたび、このコースをより広く活用していただけるよう、昨年のプログラムにご参加のかなわなかった皆さまを対象に、日本マインドフルネス学会の後

2024年度Teach .b コース: 募集を開始しました

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また.bに参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。 日時:2024年8月10日(土)・11日(日)及び8月17日(土)・18日(日) (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議) 参加

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)の22人の講師が新たに誕生しました

MBSR研究会が属す、Global Mindfulness Collaborative(GMC)の講師養成プログラムは、原則2年以上のマインドフルネスの定期的な実践後に、10週間のMBSR Essentialsプログラムへの参加と、2か月のIntensive Practice Teaching(IPT)への参加を必要とします。またこの間に、8週プログラムに少なくとも2回、5日以上のリトリートに2回

留言


bottom of page