top of page

NEWS

MBSR研究会のMBSR8週プログラムの報告

更新日:4月8日

2017年-2022年の間に実施したプログラムの結果を、2023年3月に開催されたマインドフルネス学会で発表し、最優秀ポスター賞を受賞いたしました。主要な結果は以下の通りです。


  •  修了率97%: 海外のそれが85%程度であることと比較して高い値です。

   ⇒途中で興味を失った方がわずかであることを示唆しています。

  •  調査票回収率89%: 海外のそれが70%程度であることに比較して高い値です。

   ⇒得られたデータの信頼度が高いことを示唆しています。

  •  対面とオンラインを比較では、年齢、性別、職業、瞑想実践者の割合、プログラム参加回数、自宅実習の時間に違いはありませんでした。

   ⇒対面とオンラインで参加者が同じように学ぶことができることを示唆しています。

  • マインドフルネスやセルフコンパッションは両群で同じように改善しましたが、気分、生活の質、自覚的ストレスの改善は対面で高い傾向を認めました。

   ⇒結果には、直接的なコミュニケーションとバーチャルなそれとの違いや, コミット

    メント・達成感の程度の違いが影響しているかもしれません。  


結果の詳細についてはこちらをご覧ください。



   

最新記事

すべて表示

「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」オンデマンドプログラムのお知らせ

ジャパン・マインドフルネス・コラボラティブ(JMC)*は、ブラウン大学マインドフルネスセンター長のEric Loucks PhDを招き、2023年9月から11月にかけて、全8回の「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」のオンラインコースを開催いたしました。 このたび、このコースをより広く活用していただけるよう、昨年のプログラムにご参加のかなわなかった皆さまを対象に、日本マインドフルネス学会の後

2024年度Teach .b コース: 募集を開始しました

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また.bに参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。 日時:2024年8月10日(土)・11日(日)及び8月17日(土)・18日(日) (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議) 参加

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)の22人の講師が新たに誕生しました

MBSR研究会が属す、Global Mindfulness Collaborative(GMC)の講師養成プログラムは、原則2年以上のマインドフルネスの定期的な実践後に、10週間のMBSR Essentialsプログラムへの参加と、2か月のIntensive Practice Teaching(IPT)への参加を必要とします。またこの間に、8週プログラムに少なくとも2回、5日以上のリトリートに2回

Comments


bottom of page