top of page

NEWS

MBSR研究会関連の翻訳本と特集号のご紹介

更新日:2023年5月27日

マインドフルな先生・マインドフルな学校 教育に関わるマインドフルネスの本のご紹介

MBSRの卒業生の皆さんの翻訳による本が発刊されました。

まず自らがマインドル である こと(being mindful)、次にマインドフル 教える(teach mindfully)、そして次にマインドフルネス 教える(teach mindfulness)というアプローチが書かれていますが、このアプローチは、教育現場に関わらず、医療職、あるいは家庭にも応用できる普遍的なアプローチだと思います。科学的なデータを含む理論と実践がブレンドされた良書です。


心と社会、2023年1号 に、”マインドフルネス・ストレス低減法及びMBSR研究会の歩み”が載りました。最近の活動も紹介されています。


精神治療学2023年1月号精神療法2022年10月号 、それぞれにMBSR再考、MBSRとコンパッションと題して、概説が載っています。MBSRは”治療法”と位置付けられてはいませんが、他の章と併せ読むことでマインドフルネスが日本でどのように応用されているかの参考になるかと思います。


最新記事

すべて表示

2024年 4月27日(土)-5月1日(水)のリトリートのご案内

原則全日程にご参加頂ける方を募集致します(半日程度までのお休みは全日参加とさせて頂きます)。Bobさんのご経歴はこちら、過去のアンケート結果についてはこちらをご覧下さい。 主催:JMC (MBSR研究会・東京マインドフルネスセンター・麻布ウエルネス) 開催方法:Zoom会議方式 開催日:4月27日(土)- 5月1日(水) 時間:朝6時-夕6時* 参加費:55,000円(消費税込み) 、学割:40,

MBSR研究会からのご案内

マインドフルネス学会に合わせ、12月16日にMBSR同窓生の会を開催し40名余りの方にご参加いただきました。対面でお会いしていた方とは久しぶりでとても懐かしく、オンラインでしかお会いしたことのなかった方とは、リアルに会うことの新鮮な驚きと喜びで、皆さんとの再会は感激ひとしおでした。お一人お一人の近況報告は、どれも胸を打つものばかりで、MBSRで体験を共にすることがこれ程に人との絆を深め、また人それ

マインドフルネスストレス低減法によりなぜ自覚的ストレスが改善するのか?

2023年12月に開催されたマインドフルネス学会で、私たちのプログラムのどのような要素がストレス低減効果に関係するかの検討を行いました。マインドフルネスやセルフコンパッションの改善が主な要素としてあげられていますが、私たちはこれらに加え気分の改善が、自覚的なストレスの低下に関係するかもしれないと考えました。主要な結果は以下の通りです。 私たちの解析によれば、効果の8%がマインドフルネスの改善、12

bottom of page