top of page

NEWS

MBSR研究会関連の翻訳本と特集号のご紹介

更新日:2023年5月27日

マインドフルな先生・マインドフルな学校 教育に関わるマインドフルネスの本のご紹介

MBSRの卒業生の皆さんの翻訳による本が発刊されました。

まず自らがマインドル である こと(being mindful)、次にマインドフル 教える(teach mindfully)、そして次にマインドフルネス 教える(teach mindfulness)というアプローチが書かれていますが、このアプローチは、教育現場に関わらず、医療職、あるいは家庭にも応用できる普遍的なアプローチだと思います。科学的なデータを含む理論と実践がブレンドされた良書です。


心と社会、2023年1号 に、”マインドフルネス・ストレス低減法及びMBSR研究会の歩み”が載りました。最近の活動も紹介されています。


精神治療学2023年1月号精神療法2022年10月号 、それぞれにMBSR再考、MBSRとコンパッションと題して、概説が載っています。MBSRは”治療法”と位置付けられてはいませんが、他の章と併せ読むことでマインドフルネスが日本でどのように応用されているかの参考になるかと思います。


最新記事

すべて表示

「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」オンデマンドプログラムのお知らせ

ジャパン・マインドフルネス・コラボラティブ(JMC)*は、ブラウン大学マインドフルネスセンター長のEric Loucks PhDを招き、2023年9月から11月にかけて、全8回の「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」のオンラインコースを開催いたしました。 このたび、このコースをより広く活用していただけるよう、昨年のプログラムにご参加のかなわなかった皆さまを対象に、日本マインドフルネス学会の後

2024年度Teach .b コース: 募集を開始しました

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また.bに参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。 日時:2024年8月10日(土)・11日(日)及び8月17日(土)・18日(日) (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議) 参加

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)の22人の講師が新たに誕生しました

MBSR研究会が属す、Global Mindfulness Collaborative(GMC)の講師養成プログラムは、原則2年以上のマインドフルネスの定期的な実践後に、10週間のMBSR Essentialsプログラムへの参加と、2か月のIntensive Practice Teaching(IPT)への参加を必要とします。またこの間に、8週プログラムに少なくとも2回、5日以上のリトリートに2回

Commentaires


bottom of page