top of page

NEWS

2023年Intensive Practice & Teaching (IPT)フィードバック(無記名アンケート)の結果です

更新日:2023年5月27日

主要な結果

  • 回収率:参加16人中15人(93.8%)

  • マインドフルネスの指導歴:15人中12人(80%)

  • 事前の自主トレーニングの参加意義*:15人中13人(87%)

  • セミナー: 16項目中13項目で8点以上

*費用と時間を考慮して参加した意義があった:15人中15人(100%)

*0-10のスケールで8点以上


詳細:

1. 開始前の自主トレーニングについて

コメントの一部

  • 最初はこれからどうなっていくのか分からず、恐る恐るの参加だったが、メンバーに恵まれ、充実した時間が持てた。自主トレーニングを行ったことで、難しさや多様性などが学べたし、多少ともIPTでの実施のハードルが下がったように思った。この自主トレーニングとメンバーにとても感謝している。

  • 過去の動画は、クラスの記憶が曖昧になっていたことから、振り返りと練習に大変役立ちました。


2.  9日間のIPTについて


  • 一つ一つが意義深いものだった。クラスが何を意図しており、それが前後のクラスとどのように繋がっているのかということを考えるのは難しかったが、意味のあることだと思った。また、なんといっても8つのクラスを1日でが印象深い。自分の実施体験だけでなく、全員が成長していることがよく分かった一日だった。

  • 今回のIPTのトレーニングプログラムはすべてが連続性を持っており、この一連の流れで実施されるからこそ有機的に学習効果が得られると感じた。


3. 参加して良かった点

  • 8週間のプログラム、Foundatios、2回のボブさんのリトリート、IPTと過程が長かったが振り返るとどれも必要不可欠な要素であったことが今になってわかりました。

  • MBSR8週間プログラムのテーマや課題の相互関係について理解が深まった。さらに学習を続ける必要性を痛感し意欲が高まった。


4. 今後の改善点

  • オンラインによる開催は、非常に有難い方法でしたが、検討事項などを短時間で、ブレイクアウトルームだけで話し合うのが難しかったと感じました。

  • できたら、ビデオを、何回目の何、という風に整理していただけるとありがたいです。音声のみのものも、ビデオがあると、視覚的にさらに助かります。


5. 総合評価



最新記事

すべて表示

2024年度Teach .b コース: 募集を開始しました

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また.bに参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。 日時:2024年8月10日(土)・11日(日)及び8月17日(土)・18日(日) (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議) 参加

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)の22人の講師が新たに誕生しました

MBSR研究会が属す、Global Mindfulness Collaborative(GMC)の講師養成プログラムは、原則2年以上のマインドフルネスの定期的な実践後に、10週間のMBSR Essentialsプログラムへの参加と、2か月のIntensive Practice Teaching(IPT)への参加を必要とします。またこの間に、8週プログラムに少なくとも2回、5日以上のリトリートに2回

MBSR8週コース2024年初夏のプログラム:6月2日~7月28日に開催

MBSR (マインドフルネスストレス低減法)オンライン8週間コース 本プログラムは満席となり締め切らせていただきました。秋のプログラム(10月13日-12月8日)への参加をご検討下さい。 プログラムの特徴: ブラウン大学認定指導者トレーナー2人のプログラムです (日本人で3人のトレーナーがいます) MBSRは指導者により内容がかなり異なります。                           

Comments


bottom of page