top of page

NEWS

マインドフルネスストレス低減法によりなぜ自覚的ストレスが改善するのか?

更新日:4月8日

2023年12月に開催されたマインドフルネス学会で、私たちのプログラムのどのような要素がストレス低減効果に関係するかの検討を行いました。マインドフルネスやセルフコンパッションの改善が主な要素としてあげられていますが、私たちはこれらに加え気分の改善が、自覚的なストレスの低下に関係するかもしれないと考えました。主要な結果は以下の通りです。

  • 私たちの解析によれば、効果の8%がマインドフルネスの改善、12%がセルフコンパッションの改善、44%が気分の改善、35%がその他の要素によるという結果が得られました。

  • ストレス低減効果には気分の改善が、マインドフルネスとかセルフコンパッションの改善よりもより大きく寄与する可能性があることは、私たちの知る限りこれまで報告されていません。

  • 気分の改善効果は、特定の対象を定めないオープンモニタリング(チョイスレスアウェアネス)よりも、呼吸に注意を向けるような注意集中瞑想でより高いことが知られており、マインドフルネスストレス低減法の最初の1-5週間で集中的に実施される、注意集中瞑想の重要性を示唆する結果と考えられます。


結果の詳細についてはこちらをご覧ください。



   

最新記事

すべて表示

2024年度Teach .b コース: 募集を開始しました

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また.bに参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。 日時:2024年8月10日(土)・11日(日)及び8月17日(土)・18日(日) (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議) 参加

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)の22人の講師が新たに誕生しました

MBSR研究会が属す、Global Mindfulness Collaborative(GMC)の講師養成プログラムは、原則2年以上のマインドフルネスの定期的な実践後に、10週間のMBSR Essentialsプログラムへの参加と、2か月のIntensive Practice Teaching(IPT)への参加を必要とします。またこの間に、8週プログラムに少なくとも2回、5日以上のリトリートに2回

MBSR8週コース2024年初夏のプログラム:6月2日~7月28日に開催

MBSR (マインドフルネスストレス低減法)オンライン8週間コース 本プログラムは満席となり締め切らせていただきました。秋のプログラム(10月13日-12月8日)への参加をご検討下さい。 プログラムの特徴: ブラウン大学認定指導者トレーナー2人のプログラムです (日本人で3人のトレーナーがいます) MBSRは指導者により内容がかなり異なります。                           

Comments


bottom of page