top of page

NEWS

2023年度Teach .b コース: 募集を開始しました

更新日:2023年12月23日

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。


日時:2023年8月19日(土)・20日(日)及び8月26日(土)・27日(日)

  (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議)

参加要件:

· 8週間のMBSR・MBCT受講後少なくとも2~3ヶ月経過している方。また1回20分程度の

  プラクティスを週5日間は継続している方。

  なお、8週プログラム受講終了とTeach .b 開催日の間隔が2か月未満の方については、

8週プログラム終了時点で、プラクティスを継続する意向の有無を確認させていただ

き、意向のある方のみTeach .bに参加していただきます。この時点で、Teach .bへの参

加を取りやめる選択をされた方には、参加費を全額返金いたします。

· マインドフルネスを自身で実践し、子どもたちに教える意欲を持つ方(中学・高校の

教育関係者、スクールカウンセラー・臨床心理士・公認心理師の方を優先します)

· 上記のコースに全日参加できる方。

· その他詳細は, Mindfulness in Schools Project ホームページ をご覧下さい。

募集人数及び費用:

· 40名様程度

· 10万円(消費税込み):経済的な負担を考慮し、英国でのプログラムよりも25%程度

  低い金額を設定しています。なお、世帯所得が300万円以下の方には、参加費補助と 

  して8万5千円でご参加いただけます。また分割払いも可能です。

募集期間:

2023年5月19日(金)―6月23日(金)

ご参加頂けるかどうかについては、7月初旬までにはご連絡いたします。

教育関係者の方を優先させて頂きますのでご了承願います。

講師:

· 伊藤靖・山本和美(MBSR研究会)・芦谷道子(滋賀大)

· MiSP(Mindfulness in Schools Project)講師: 8月20日・27日に1時間程度参加予定です

 (通訳あり)

プログラム内容:

· .bプログラム(10回分)の講師による模擬授業を体験 

· 小グループで実習のファシリテーションロールプレイ

修了後提供される教材:

· 指導者用テキスト日本語版(各レッスン30~40頁:MBSR卒業生20余名の協力を得て翻訳作成)

· ビデオ(日本語字幕つき1本数分、7本)

· 日本語版パワーポイントスライド(各レッスン15 ~ 25枚)

· 自習用ビデオ(日本語での吹替え:各レッスン10分程度)

  

参加申込み書:

こちらからお申込み下さい。

.bは学校・クラブなどで実施することを前提に作られたプログラムであり、一般公開のコースとして実施することはできません。Teach .bに参加頂く前には、こうした内容などが記載された利用条件(日本語参考訳はこちら)に同意頂くことが必要です。申込書を記入する前にご一読下さい。



最新記事

すべて表示

2024年 4月27日(土)-5月1日(水)のリトリートのご案内

原則全日程にご参加頂ける方を募集致します(半日程度までのお休みは全日参加とさせて頂きます)。Bobさんのご経歴はこちら、過去のアンケート結果についてはこちらをご覧下さい。 主催:JMC (MBSR研究会・東京マインドフルネスセンター・麻布ウエルネス) 開催方法:Zoom会議方式 開催日:4月27日(土)- 5月1日(水) 時間:朝6時-夕6時* 参加費:55,000円(消費税込み) 、学割:40,

MBSR研究会からのご案内

マインドフルネス学会に合わせ、12月16日にMBSR同窓生の会を開催し40名余りの方にご参加いただきました。対面でお会いしていた方とは久しぶりでとても懐かしく、オンラインでしかお会いしたことのなかった方とは、リアルに会うことの新鮮な驚きと喜びで、皆さんとの再会は感激ひとしおでした。お一人お一人の近況報告は、どれも胸を打つものばかりで、MBSRで体験を共にすることがこれ程に人との絆を深め、また人それ

マインドフルネスストレス低減法によりなぜ自覚的ストレスが改善するのか?

2023年12月に開催されたマインドフルネス学会で、私たちのプログラムのどのような要素がストレス低減効果に関係するかの検討を行いました。マインドフルネスやセルフコンパッションの改善が主な要素としてあげられていますが、私たちはこれらに加え気分の改善が、自覚的なストレスの低下に関係するかもしれないと考えました。主要な結果は以下の通りです。 私たちの解析によれば、効果の8%がマインドフルネスの改善、12

bottom of page