top of page

NEWS

「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」オンデマンドプログラムのお知らせ

更新日:7月1日

 ジャパン・マインドフルネス・コラボラティブ(JMC)*は、ブラウン大学マインドフルネスセンター長のEric Loucks PhDを招き、2023年9月から11月にかけて、全8回の「マインドフルネスに基づくプログラムの科学」のオンラインコースを開催いたしました。


このたび、このコースをより広く活用していただけるよう、昨年のプログラムにご参加のかなわなかった皆さまを対象に、日本マインドフルネス学会の後援を得て、オンデマンドプログラムを提供させていただくことと致しました。概要は以下の通りです。昨年のプログラムの内容については、こちらからEricさんご本人の紹介もご覧ください。


 今回のオンデマンドプログラムでは、昨年のプログラムと異なり、毎週のオンラインの検討会はありませんが、概説のビデオ及び資料を参考にしていただくことで、各分野の主要なエビデンスを総括的に学ぶことができます。皆さまの受講を心よりお待ちしております。


なお、お問い合わせは edu@mbsrjapan.com(MBSR研究会)あるいは、info@tokyo-mindfulness-center.jp (東京マインドフルネスセンター)までお送りください。


                     ジャパン・マインドフルネス・コラボラティブ


内容:

  • 各セミナーのテーマについての字幕付き解説ビデオ(約30-40分)へのリンクの提供(9月30日までの期間限定)

  • 各セミナーのスライド別、文字起こしの提供

  • 各セミナーで引用されている主要文献(公開ドメインにあるもの)を集めたフォルダへのリンクの提供


各セミナーのテーマ:

  • セミナー1:科学的なアプローチの基礎

  • セミナー2:ストレスに対する効果・不安に対する効果

  • セミナー3:うつに対する効果・疼痛に対する効果

  • セミナー4:血圧に対する効果・効果に影響を与える要因

  • セミナー5:有害事象

  • セミナー6:作用機序に関する理論とエビデンス

  • セミナー7:特定の疾患・対象へのアダプテーション(適合)

  • セミナー8:まとめ・継続的な学び


受講料:

  • 2万円


お申込み(8月10日締め切り)

 

* ジャパン・マインドフルネス・コラボラティブ(JMC)は、MBSR研究会、東京マインドフルネスセンター、麻布ウェルネスで構成され、グローバル・マインドフルネス・コラボラティブ(GMC)に所属しています。https://globalmindfulnesscollaborative.org/ja/


#NEW!

最新記事

すべて表示

2024年度Teach .b コース: 募集を開始しました

.b (ドットビーと読みます)コースの詳細については、こちらあるいは、子どもマインドフルネスプロジェクトをご覧ください。また.bに参加された高校生のみなさんの生の声についてはこちらをご覧ください。 日時:2024年8月10日(土)・11日(日)及び8月17日(土)・18日(日) (全4日間)     各日9:00~17:30(最終日のみ15:00)(予定)  場所:オンライン(Zoom会議) 参加

マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)の22人の講師が新たに誕生しました

MBSR研究会が属す、Global Mindfulness Collaborative(GMC)の講師養成プログラムは、原則2年以上のマインドフルネスの定期的な実践後に、10週間のMBSR Essentialsプログラムへの参加と、2か月のIntensive Practice Teaching(IPT)への参加を必要とします。またこの間に、8週プログラムに少なくとも2回、5日以上のリトリートに2回

MBSR8週コース2024年初夏のプログラム:6月2日~7月28日に開催

MBSR (マインドフルネスストレス低減法)オンライン8週間コース 本プログラムは満席となり締め切らせていただきました。秋のプログラム(10月13日-12月8日)への参加をご検討下さい。 プログラムの特徴: ブラウン大学認定指導者トレーナー2人のプログラムです (日本人で3人のトレーナーがいます) MBSRは指導者により内容がかなり異なります。                           

Comments


bottom of page