top of page

NEWS

MBSR指導者トレーニングの第2のステップである、Intensive Practice and Teaching (IPT:旧称TAI)2024を2024年1月より開催します

更新日:2023年12月23日

プログラムの詳細についてこちらをご覧ください。

また2023年1月開催の参加者の皆さまからフィードバックはこちらをご覧下さい。


いずれもオンライン・日本語で、伊藤・山本の2人のブラウン大学公認ティチャー・トレナーが実施します


日時:2024年1月5日(金)ー 7日(日)、その後隔週で1月20日(土)・21日(日)、  2月3日(土)・4日(日)、2月17(土)・18(日)で開催予定(初回のみ金曜夕にプログラムがあります)

  • 初回のみ金曜夕(午後7:00-10:00)にオープニングプログラムがあります。

  • その他の日は、午前8:00 - 午後6:15(昼食休憩:1.5時間)

  • 事前準備:希望者には、1グループ4人程度の自主プラクティス・ティーチ ンググループに参加して頂きます。各グループは10月から12月の間、月1-2回程度集まって頂き、各人が20分程度のプラクティスをガイドすることで、ガイドに慣れて頂くことを目指します。

  • オリエンテーション:詳細は9月3日(日)の午後8時からのオリエンテーション(録画あり)で説明いたします。

参加費:¥330,000(税込み)(ブラウン大学のTAIと比較して約30%低額です):分割払いも可能です。申し込み用紙のその旨をご記入下さい。支払い方法は参加申込書を確認させて頂いた後でご案内いたします。


参加要件:

募集人数:16-20名様程度:マサチューセッツ大学・ブラウン大学Teacher Development Intensive/Teacher Advancement Intensiveを修了された方も歓迎いたします。


お申込み:こちら(PCスマホ)より8月19日(土)までにお申込み下さい。参加の可否は、MBSR・Foundations/Essentialsへの参加年などを検討した上で最終的に決定させて頂きますのでご了承ください。遅くとも 8月23日(水)までにはお知らせいたします。





最新記事

すべて表示

2024年 4月27日(土)-5月1日(水)のリトリートのご案内

原則全日程にご参加頂ける方を募集致します(半日程度までのお休みは全日参加とさせて頂きます)。Bobさんのご経歴はこちら、過去のアンケート結果についてはこちらをご覧下さい。 主催:JMC (MBSR研究会・東京マインドフルネスセンター・麻布ウエルネス) 開催方法:Zoom会議方式 開催日:4月27日(土)- 5月1日(水) 時間:朝6時-夕6時* 参加費:55,000円(消費税込み) 、学割:40,

MBSR研究会からのご案内

マインドフルネス学会に合わせ、12月16日にMBSR同窓生の会を開催し40名余りの方にご参加いただきました。対面でお会いしていた方とは久しぶりでとても懐かしく、オンラインでしかお会いしたことのなかった方とは、リアルに会うことの新鮮な驚きと喜びで、皆さんとの再会は感激ひとしおでした。お一人お一人の近況報告は、どれも胸を打つものばかりで、MBSRで体験を共にすることがこれ程に人との絆を深め、また人それ

マインドフルネスストレス低減法によりなぜ自覚的ストレスが改善するのか?

2023年12月に開催されたマインドフルネス学会で、私たちのプログラムのどのような要素がストレス低減効果に関係するかの検討を行いました。マインドフルネスやセルフコンパッションの改善が主な要素としてあげられていますが、私たちはこれらに加え気分の改善が、自覚的なストレスの低下に関係するかもしれないと考えました。主要な結果は以下の通りです。 私たちの解析によれば、効果の8%がマインドフルネスの改善、12

bottom of page